塩見浩作さん

ーなぜ綾部に移住しようと思われたのでしょうか?

・自分が生まれ育った地元で子どもたちを育てたいということで綾部市に帰ってきた。

ー移住してみて、良かった点は何でしょうか?

・自然環境が豊かなので、子どもにとっては自然の中で遊ぶ場所がたくさんあり、地域の方が子どもたちによく声をかけてくださり、都会ではない人との繋がりがあることが暮らしのなかで温かさがあり、子どもたちにとってもいい影響があると思う。
・19年離れていたら環境がずいぶん変わり新鮮である。

ー移住してみて、困っている点、不安な点は何でしょうか?

・買い物に行くにも都会ならちょっと歩いてそこまでというのが、車で5キロ移動しないといけないというのはあるが、慣れたらそれも当たり前になった。
・妻がものづくりをするが資材が手に入らない。京都市内や大阪などの都会まで買いに出ないといけない。通販等でも手に入るが、生地等実物を自分の目で見ないと納得するものが手に入らなかったりするので、資材調達が不便だと思うことがある。

ー移住する前と現在とで、綾部に対してイメージが変わった点などはありますか?

・人それぞれ考え方だが、移住する前にも帰省という形で10年間行き来をしていたので、特にイメージが変わったということはない。

ーその他

・まだ知らない子どもの遊び場やスポットなどがいっぱいあるんだろうなと思うのでそういうのを探して出かけて行きたい。
・学校や自治会からの配布物のイベント情報を見て出かけているが、都会みたいにネットなどで発信される情報が少ないのでもっと発信されると人が集まると思う。

空き家データベース 京都府北部の空き家情報
京都府北部地図 伊根町 京丹後市 宮津市 与謝野町 舞鶴市 福知山市 綾部市