たんたんターン > 移住者の声

カテゴリー: 移住者の声

『宮津市地域おこし協力隊』を募集(7月14日まで)

地域の元気づくりを一緒に考え、共に行動していただける『宮津市地域おこし協力隊』を募集!!

『地域とともに行動し、知恵を出し、汗を流すことができる方』&『定住に向けチャレンジする方』を募集します

■地域課題解決型地域おこし協力隊【募集人数1名】

宮津市上宮津地区(上宮津地域会議)が進めている地域課題解決の取組への支援

上宮津地区では、これまで、地域の宝である「杉山や大江山」などの豊かな自然や歴史・文化を守り伝える活動、休耕田を活用した「ホンモロコの養殖」や豊富な水源を活用した「ワサビ栽培」など新たな産業おこしへのチャレンジ、地域ぐるみでの移住者受入促進の取組、旧上宮津小学校の有効活用など、様々な取組にチャレンジしてきました。

今後、これらの活動をさらに発展させ、地域の資源(宝)を磨き上げ、その魅力を発信し、多くの人が集まる賑やかな地域づくりを目指して取組を進めていくために、“知恵と汗”を道具に“よそ者の視点”を武器に、一緒に魅力的な地域づくりをしていただける方を募集します。

地域のミッションは多くありますが、何に取り組むかは隊員次第!地域と相談しながら、優先度の高い取組やそこから見出される新たな取組、自身が地域に貢献できる取組などを選択し、持続可能なビジネスモデル構築を目指し活動を行っていただきます。

宮津市ホームページ

京都北部7市町オンライン合同企業説明会を開催します(産業部会)

京都府北部地域の企業・事業所90社が参加する「合同企業説明会」をオンライン形式(Zoom)で開催します。
ぜひご参加ください!!

1.開催日程:6月24日(木)、25日(金)、28日(月)、29日(火)
       10:00~15:55(全日程共通)
       ※各日程45社程度  ※1社当たり所要時間25分(企業説明15

分・質疑応答10分)
2.対  象:2022年3月以降大学等卒業予定者(2023年3月以降卒業予定者の方も参加可)・未就職卒業者、UIJターン希望者、一般求職者 等
3.内  容:Zoomを活用したオンラインでの合同企業説明会です。

出展企業の詳細・エントリー方法については、下記のチラシをご覧ください。

西浜 早織さん(フリママ代表)

夫の職場と兵庫県の実家の両方に行きやすい場所ということで移住しました。広小路商店街にわくわくするお店がたくさんできていて、まちに対する期待度が高かったです。

困った点としては、仕事以外でのつながりをつくりづらかった。市外から来た人が参加できるコミュニティがもっとあったらよいと思います。

フリママの活動を続ける中で、自分の居場所となるコミュニティはつくることができると分かりました。

松本 貴史さん(サラリーマン、大呂の古民家で週末農業)

京都市から福知山市に職場が移り、通勤時間を短縮したかったので移住。父が愛媛県の田舎で家庭菜園をしていた影響で、自分も農業をしてみたくなり、福知山市の田舎の家を探しました。

その他の理由としては、ご近所とのコミュニケーション(野菜の物々交換)、丹鉄、庭から見る蛍や夜空、自然豊かな環境での子育て(バーベキューや川遊び)、おいしい飲食店・スイーツなど。困っている点としては、鹿の被害です。

福知山市の暮らしなどを動画でアップして福知山市の良さをオンラインでプロモーションしたいと思うようになりました。

植村勇樹さん(烏が岳ライジングサン実行委員の実行委員長)

福知山市出身。地元が好きで戻ってきました。福知山市で開業することをぼんやり考えていて、祖父の土地と建物が有効活用できると思いました。

福知山は気軽に自然が楽しめます。最近はグルメな店も増えていて市外に出る必要もありません。座禅、ツーリングの他、烏が岳など山登りが楽しめます。

困った点としては、家賃が高いため引越ししづらい、ごみ分別面倒で事業者ゴミ処分料が高い、消防団も入ったが馴染めなかった、というのはあります。

休日、大阪・京都に買い物行くという流れは最近変わりました。福知山市で十分楽しめます。自分の時間も大切にし、ゆとりある暮らしに重点を置いた起業者や女性の創業者が増えていると思います。消費ばかりでなく自分の時間を大切にと思うようになりました。

山内耕祐さん(夜久野町在住の漆職人)

移住した理由は、この地域に漆があったから。夜久野は木が少なく、植林から始める必要がありました。それを取り組もうとしている人達がいるということに魅力を感じました。

日々楽しいです。自分で食べる米を作ったり、狩猟できるようにもなり、自分も自然界のいち自然物だということを実感することができます。ただ、人間付き合いは難しい。漆だけではやっていけないとも思います。

地域性やその歴史、自然に合わせ長い年月をかけ自然と共存してきた人間との歩みよりの中に漆があるということを知りました。さらには、あとに来た移住者や地域の人に出会い影響を受けたことも、今の自分の考え方、信念を深めることに繋がったと思います。

公庄 仁さん(三和のお試し住宅に住むクリエーター)

妻の実家のある福知山で子育てをしたかったので、移住しました。先に妻子が福知山市に引っ越し、東京で単身赴任をしていましたが、勤務先でリモートワークが導入され、東京にいる必要がなくなりました。

自然豊かな環境で子育てができます。福知山市の魅力は人。地域の人と一緒に地域のブランディングや廃校活用のプロジェクトに取り組んでいます。困っている点は、虫が苦手というところ。

リモートワークにより東京にいなくても仕事ができています。

今西 崇さん(夜久野町 林業従事者)

父親のふるさとでした。また、養鶏をしたいと思っていたので条件に合う場所であったこと、幼少のころから知っている土地でした。

最初は養鶏を考えて夜久野町に移り、養鶏をしていましたが、次第に林業に興味を持つようになりました。現在は、自伐型林業の研修を受け、林業に携わっています。

車の音が少なく、夜空がきれい。誰が見てもまちなかより夜久野がキレイ。

不便な点は、役所関係で言えば、支所はあるが本庁までいかないといけないところです。

移住先には、新しい移住者に来てほしいと思っているひとがいるということを知りました。来るということに喜ぶ人がいるということは来てみないとわからなかった。でも、自分が納得して来るということも大事だとは思います。

足立 明日美さん|「お土産と喫茶 足立」オーナー

福知山市出身。高校卒業後、大阪に出ていましたが、地元に住む同級生との結婚を機にUターン。福知山市は自然豊かで温かい雰囲気があると大阪から帰省するたびに感じていました。

自分のお店を持つという子どもの頃からの夢が実現できました。福知山オリジナルのお土産を扱う「お土産と喫茶 足立」を経営しています。開業にあたっては、地元の友人などからの応援があったことがよかったです。

生活面で困っていることは特になし。福知山市が子育てしやすいまちだというのは大人になるまで知りませんでした。 ワンストップの子育て窓口が市役所にあり、手厚いサポートがあります。

塩見浩作さん

ーなぜ綾部に移住しようと思われたのでしょうか?

・自分が生まれ育った地元で子どもたちを育てたいということで綾部市に帰ってきた。

ー移住してみて、良かった点は何でしょうか?

・自然環境が豊かなので、子どもにとっては自然の中で遊ぶ場所がたくさんあり、地域の方が子どもたちによく声をかけてくださり、都会ではない人との繋がりがあることが暮らしのなかで温かさがあり、子どもたちにとってもいい影響があると思う。
・19年離れていたら環境がずいぶん変わり新鮮である。

ー移住してみて、困っている点、不安な点は何でしょうか?

・買い物に行くにも都会ならちょっと歩いてそこまでというのが、車で5キロ移動しないといけないというのはあるが、慣れたらそれも当たり前になった。
・妻がものづくりをするが資材が手に入らない。京都市内や大阪などの都会まで買いに出ないといけない。通販等でも手に入るが、生地等実物を自分の目で見ないと納得するものが手に入らなかったりするので、資材調達が不便だと思うことがある。

ー移住する前と現在とで、綾部に対してイメージが変わった点などはありますか?

・人それぞれ考え方だが、移住する前にも帰省という形で10年間行き来をしていたので、特にイメージが変わったということはない。

ーその他

・まだ知らない子どもの遊び場やスポットなどがいっぱいあるんだろうなと思うのでそういうのを探して出かけて行きたい。
・学校や自治会からの配布物のイベント情報を見て出かけているが、都会みたいにネットなどで発信される情報が少ないのでもっと発信されると人が集まると思う。

空き家データベース 京都府北部の空き家情報
京都府北部地図 伊根町 京丹後市 宮津市 与謝野町 舞鶴市 福知山市 綾部市