カテゴリー: 舞鶴市

【京都北部7市町】海の京都のヒト・食・自然 ”プチハッピー”をシェアする文章講座

海の京都のヒト・食・自然

”プチハッピー”をシェアする文章講座

 

日時/場所:11月7日(日)  14:00~15:30 cafe&bar FLAT+(舞鶴市)

        11月14日(日)   14:00~15:30 あやべピースビル(綾部市)

       11月21日(日)   14:00~15:30  かや山の家(与謝野町)       

対象:綾部市、伊根町、京丹後市、福知山市、舞鶴市、宮津市、与謝野町のいずれかにお住まいの方

受講料:無料

お申し込みはこちらから
Googleフォーム

 

日常のちょっとした幸せを再発見し、大切なヒトたちと共有する文章講座に参加してみませんか。対象は海の京都(京都北部7市町)にお住まいのみなさんです!

コロナ禍により、ヒトとの交流がめっきり減ってしまい、孤独や不安を感じることが多い昨今。身の回りの”小さな幸せ”を再確認し広めることで、キュッとなった気持ちを朗らかにしませんか。優しいヒトに豊富な食、四季折々さまざまな情景とアクティビティに出合える、大自然に恵まれた京都北部は、まさに”プチハッピー”の宝庫といえる場所。”大切なあのヒト”や”伝えたいあのヒト”の顔を思い浮かべながら、十人十色の幸せの形を文にしたためて、どんどん循環させましょう!

こんな方にぴったり!

・”日常のちょっとした出来事”を自分の言葉で上手に発信したい方
・京都北部の地域が好きで自慢したい方
・ライター活動を通じて地域と繋がりたい方

日程・内容

海の京都のヒト・食・自然をテーマとして、本格的な取材やライティング技術を学びます。講座内ではインタビューやアイデアの創出方法、記事構成や執筆の仕方、校閲・校正を習得。最終課題となる記事はnoteで公開します!毎回、原稿を提出し、講師による1on1の赤字添削を実施。参加者のみなさんが感じる海の京都のちょっとした幸せを、楽しみながら発信していきましょう!

 

具体的な内容は下記の通りです。

Continue reading “【京都北部7市町】海の京都のヒト・食・自然 ”プチハッピー”をシェアする文章講座”

京都北部7市町オンライン合同企業説明会を開催します(産業部会)

京都府北部地域の企業・事業所90社が参加する「合同企業説明会」をオンライン形式(Zoom)で開催します。
ぜひご参加ください!!

1.開催日程:6月24日(木)、25日(金)、28日(月)、29日(火)
       10:00~15:55(全日程共通)
       ※各日程45社程度  ※1社当たり所要時間25分(企業説明15

分・質疑応答10分)
2.対  象:2022年3月以降大学等卒業予定者(2023年3月以降卒業予定者の方も参加可)・未就職卒業者、UIJターン希望者、一般求職者 等
3.内  容:Zoomを活用したオンラインでの合同企業説明会です。

出展企業の詳細・エントリー方法については、下記のチラシをご覧ください。

永山大介さん

大阪府枚方市で生まれ育つ。枚方市は都会特有のごちゃごちゃ感はなく、田んぼもあり静かなところで暮らしやすかったとのこと。その後転々とし、豊中市から舞鶴市へ移住。舞鶴は移住2年目。

―なぜ舞鶴へ来られたのですか?

もともと料理の仕事をしていて、小浜にプチプラージュというフランス料理店があり、その料理人から舞鶴総合文化会館のお店に誘っていただきました。住むところにこだわりは無かったが、舞鶴は海もあるし楽しそうだと思ってやってきました。

―移住してみてどうでしたか?

まず、舞鶴は時間がゆっくり流れていると感じました。

舞鶴の人が、柔和な雰囲気で好きです。最初、舞鶴に来る心配事として、田舎特有の人との距離感の近さがかなり近いと思い警戒していましたが、ちょうどいい距離感でした。コンビニに行ったとき、大阪では店員はコミュニケーションは取りたがらないけど、舞鶴では気さくに話しかけてくれて、でもあつかましくない。料理を出すのにしても、遅いと大阪ではお客さんに怒られていたけど、舞鶴では、ない。そういうところが好きです。

―舞鶴で楽しかったことはなんですか?

まず、ちゃったまつりですね。会場は家から近く、昨年初めて行きました。大阪では人でごった返して大変だったけど、舞鶴ではちょうどいい人の多さでした。

それから、赤レンガパークの艦これのイベントにも出店したが、物凄い人で圧倒されました。

あとは、海上自衛隊の船が非日常感があって、映画の世界に居るようでした。

料理人としては、魚のセリに参加できることがうれしかったですね。セリをやっているのは、移住して初めて知ったけど、大阪では見られない魚や貝がたくさんあって衝撃でした。舞鶴でセリ落とされたものが、大阪や京都の有名店に出荷されているのを知って、驚きました。大阪にいたころは、生で食べられる魚があまり手に入らなかったけど、舞鶴ではなんでも生で食べられるものが手に入って感激しました。中でも、「ほうぼう」の刺身は美味しかったです。

―移住する前と後で、舞鶴に対して感じた印象は変わりましたか?

知らなかったのは、暑さと雨の多さ。あと、二両編成の電車があって、乗り降りするときにドアの開閉ボタンを押さないといけない事や、シカなどの動物にぶつかって止まる事ですね。

―移住してみて困っている点は?

車を持っていないので、交通の不便さとかはあるかもしれないけれど、もともとインドア派なので特にないですね。でも、車が手に入ったらまちのあちこちへ行ってみたいです。

―将来の夢を教えてください。

自分のお店を持って、舞鶴の良い食材を外に発信したいです。もし市がPRしたい食材があれば、調理面で協力したり、赤レンガパークに出店したりしたいですね。

―移住する人に言いたいことを一言お願いします。

舞鶴は、自分の時間を大切にする人、羽根を伸ばしながらも頑張りたい人に持ってこいの場所。住んでみて後悔はないし、この先も住みたいと思っているので、是非来てみてください!

木下恵さん

「実家からあまり遠くない所で住む所を探していました。舞鶴は何故か前から気になる街だったので、舞鶴に行けば何かできる。」と思い移住。その後、結婚・出産を経験。子育てに忙しい日々だったが、昔からの夢であったカフェを実現するためにコーヒーの勉強を始め、2010年にMetel珈琲をオープン。

「子育てに影響のないよう無理をせず今できることをしたい。」と思い始めたカフェも今では子どもたちがコーヒーの包装紙に絵を描いたり手伝ってくれている。お店に来てくださっている、子育てしながら何かをしている方達と話が盛り上がり、子どもも自分たちも楽しむイベント『まんま・みーあ』を立ち上げた。

今度は、子どもが大きくなってきたからこそ出来る新たなイベントを企画中。舞鶴での生活を楽しむのは自分たち次第、これからも無理をせずプラス1か2を楽しみますと笑顔で語った。

泉清毅さん(移住コーディネーター)

(泉さんは、舞鶴市の西方寺平地区で60年以上、農業を営んでおられる大ベテラン農家。約20年前から移住者の受入れを積極的に行って来られました。地域住民も当時は受入れに抵抗があったものの、泉さんの精力的で誠意のある活動に、いつしか理解を得られるように。今では泉さんの人柄に惹かれ、西方寺にやってくる若者でいっぱいになりました。そんな泉さんに、活動について聞いてみました)

― この活動を始めたきっかけはなんですか?

農業委員で農地のあっせんとかやっていて空き家の相談を受けたのがきっかけ。10年、20年先の村の存続のためには、新しくこの村へ外から人を呼び込む必要があると思って始めた。

― 移住者と接する時、気を付けていることはなんですか?

本音で話すということ。「良い所ですよ」とか、農業をやりたい人に対して「何とかなる」とか、上っ面のことを言っても相手のためにはならない。相手のことを考えて、相手の希望通りではなかったとしても、自分の経験から本音で話す。

― 活動をしていて感じることを教えてください。

やっぱり、村に若い世代が来てくれるのは嬉しい。

しかし、移住者を受け入れるための空き家を確保することに苦労する。貸してもいい、という人がいたら会いに行ってお願いをするが、それで貸してくれる家主もいれば、「盆や正月に帰ってくるから」とか、「もう住むことはないが、生まれ育った家で思い入れがあるので譲りたくない」と言われることも多い。あとは、移住希望者の相手をしている時は、相手の人生にも深く入り込む必要があるからつらい話を聞く時はしんどいけど、本音で向き合うには仕方ないと思っている。

― 移住者が来て、地域はどう変わりましたか?

活気が違う。年寄りしか居なかったのに、移住者には子供が3,4人居て、20人くらい若い世代が増えた。苗字も霜尾と泉しかなかったのに今はいっぱいある。

― 移住者に期待すること、言いたいことはなんですか?

ずっとここに住んでほしい。それだけでいい。

松本 健汰さん

群馬県生まれで、都内の大学を卒業後、インテリア専門学校に進学。3年前、「KAN,MA Dining」で働くために舞鶴へ移住。

― 移住されたきっかけは何ですか?

専門学校在学中に「カフェを作る」という求人を見つけて、現在の勤務先に応募しました。移住先で何ができるかが重要だと思っていて、舞鶴にはやりたいことがあったんです。

― 舞鶴での暮らしはどうですか?

舞鶴は人がいいですね。休日は、友人が経営しているお店に自転車で出かけたり、写真を撮ったりして過ごしています。お気に入りの公園も、いつも空いていてのんびり過ごせます。ネットで欲しい物は手に入りますし、元々インドアなので、東京での暮らしとそんなに変わらないですよ。

― 舞鶴でのカフェのお仕事はどうですか?

今は統括マネージャーとして、新しいことを考えるのが、大変ですが、やりがいを感じています。早ければ9月中にカフェ内に雑貨屋をオープンしたいと考えていて、現在準備中です。舞鶴にないものを提供したいと思っているので、ぜひ楽しみにしててください。

― コワーキングでの活動もされてるとか?

若者の力で舞鶴を盛り上げていこうという趣旨で設立された「しろう塾」にメンバーとして参加しています。現在、舞鶴版ボードゲームを作成中です。

― 移住希望者の方へメッセージをお願いします。

舞鶴ではやろうと思えばすぐできることが多いと思うんです。ワークショップも多いですし、やりたいことを具現化できる環境があると思います!

大滝雄介さん

25歳のときに東京からUターンし家業である工務店を引き継ぐ。まちづくりチーム「KOKIN」の代表として、チャレンジショップやゲストハウスの運営など“まちを楽しむための場づくり”も行っている。「学生時代には感じなかったんですが、生まれ育った街を改めて見直してみたら、レトロで面白い街だなという印象を受けたんです。この街の良さをどうしても残したくて、30歳のときに仲間2人と一緒に『KOKIN』の活動をスタートしました」と大滝さんは言います。
「KOKIN」の活動テーマは“まちを楽しむための場所づくり”。そして、地域の人と一緒になって、“みんな”で場所を作っていくことも大切にしているそうです。「カフェやゲストハウスなど、さまざまな用途に使われているレンタルスペース『宰嘉庵(さいかあん)』は、土壁塗りのワークショップを開催し、街の人々の協力を得ながら誕生した場所です」。「同じ思いを持った仲間はもちろん、利用されたお客様とまち歩きをするなど、いろいろなタイプの人と知り合えるのが楽しい。自分の人生のミッションは良い地域づくり、良い会社作りだと思っています。」

長崎深雪さん(お試し住宅居住者)

ー故郷は長野県ということですが、どういうところでしたか?

自然が多く、住みやすい所でした。散歩をしていても花が咲いていて、空気もきれいでした。子供が生まれたので、子育てのため夫の実家がある舞鶴に移住することにしました。

ー舞鶴に来てみて、違和感はありませんでしたか?

故郷と同じ様に、自然にあふれていたので違和感はなかったです。

ー舞鶴に来てよかったことは何ですか?

まず、子育てがとにかくしやすいです。あそびあむ(子育て交流施設)のおかげでママ友が出来て心強いです。また舞鶴は自衛隊があり転勤が多いママが集まっているので、移住してきて同じような境遇のママと交流できるのは嬉しいです。それから、行くところがいっぱいあること。特に、赤れんがパークや自衛隊のスポット。赤れんがパークではイベントが目白押しで、ダッフィーバスがやってきたり、おもちゃを交換できるかえっこバザール、壊れたおもちゃを修理するおもちゃ病院のイベントは子供も喜びとても良かったです。自衛隊の大きな船は、これまで見たことが無くインパクトがあった。ほかにも魚が美味しくて、スーパーにもいろんな種類の魚が並んでいたり、ホタルが見られるのも良かったです!

ーお試し住宅に住んでみて、良かったことは?

主人の勤務場所にも徒歩で行けるし、ちょっとした畑、庭がある家なので子供も喜びました。なかなかそういう物件は、この家賃では無理です。

ー移住希望者の方に一言お願いします!

舞鶴は、海と山とまちなかが共存している、ちょうどいい田舎。しかも子育ては本当にしやすいです!

木村奈奈さん

東京都出身で11年前に舞鶴・神崎地区へ移住。ご主人が大好きなサーフィンをいつでも楽しめる「海」の近くに住みたい!というお2人の思いを実現。お子様2人もお父さんと一緒に海でサーフィンを楽しんだり、ご自身は今、趣味のフラダンスに夢中。

小さいころから転勤族の家庭で育ったこともあり「見知らぬ土地でもなんとか生活できるのではないか、と思っていたので移住に関して特に不安はなかった」とのこと。

日々、生活している中で感じることは、地域のみなさんは、お仕事以外の時間を家の田んぼや畑などを守っていくために楽しみながら農作業をされているということ。土に触れながら、これまで受け継がれてきた「自然」を当たり前のように次の世代へ引き継いでいく姿を見ていると、「少々困ったことが起きてもなんとかなるやろ」という人間としての強さを感じるそう。

今年の2月から、加佐地域農業農村活性化センターで勤務中。加佐地区を中心に「移住したい人」を地域へ案内し移住相談や空き家の紹介を行っている。

「その場限り」ではなく、移住という大きな決断をするみなさんの「日常」に長く寄り添いたいと、移住サポーターとしても活動の幅を広げている。

岡山拓也・茉莉さん夫妻

海と緑に囲まれた舞鶴に、岡山茉莉さんが引っ越してきたのは2016年冬。舞鶴出身の拓也さんが脱サラし、家業である牡蠣の養殖業を継ぐことになり、一緒に移住することになりました。

夫婦で築100年の古民家をリノベーションし新生活をスタート。さらにセルフリノベーションを行う様子を現在YouTubeで公開中。

茉莉さんは埼玉出身で3年前に移住。得意の漫画を活かし子育ての様子や海の側での田舎暮らしをインスタグラムへ投稿。フォロワー数は13万人超え。移住するまでの不安だった頃には想像できなかった楽しい舞鶴ライフを満喫中。

茉莉さん―移住当時は不安な気持ちが強かったです。しかし、空き家情報バンクに登録があった大浦地域の築100年の古民家を借り、リノベーションしながら住み始めてから楽しくなりました。古いものや歴史あるものが好きなので、その空き家はとても魅力的でした。また、地域の人たちも「若い人が来てくれるのはありがたい」と歓迎ムードを伝えてくださり、とてもうれしかったのを覚えています。「この地域はすばらしい」と発信するとそこの地域の人たちも誇りに思ってくれて、どんどん自分の地域を好きになります。私が活躍すると喜んでくれたり、掲載された新聞などをスクラップしてくれたりすることを聞くのはとてもうれしいですね。

空き家データベース 京都府北部の空き家情報
京都府北部地図 伊根町 京丹後市 宮津市 与謝野町 舞鶴市 福知山市 綾部市