たんたんターン > 移住者の声

カテゴリー: 移住者の声

安田裕美さん

心身共に健康な生活を願って

生まれは京都市の田舎。田畑に囲まれた環境で育った安田さん。日々、仕事に明け暮れていた暮らしから、日の出とともに起床し、日の入りとともに就寝する健康な生活を送りたいと願うようになった。

仕事や子育てが落ち着いた頃から本格的な移住を検討。以前からリフレッシュに訪れ、食べ物がおいしく、自然豊かで、人が温かいと感じていた丹後半島を移住先に決め、農薬を使わない野菜を育てられる理想の場所を探すこととした。

手付かずの自然が誘い

平成29年秋、移住先を決めるという強い信念を心に抱き、京都府主催の移住体験ツアーに参加。再三訪れていた宮津市は、理想の地に近く、地域の人しか知らない秘境。ガイドブックにない自然。良い意味で手付かずの自然があることから選んだ。

移住者は女性1人

女性1人の移住は、不安を抱くことも多かった。起業を目指して移住したものの、実際は移住していきなり起業するのはとても厳しい状況。まずは地域の信頼関係を得ることが大切で、そのための時間が必要だと感じた。

移住したい人、移住している人、地元の人達が自然に交流できる場が多くあればうれしいと話す。“The交流会”のような作られた空間でなく、自然な関係の中、作業などで一緒に汗をかき、何かを作り上げることは、信頼関係を築く近道。田植え体験なんて魅力的ですよね。

宮津の暮らし

車は必需品。ないと暮せません。スーパーは少し遠く、夜に外へ出ると真っ暗。クマの出没情報があると外へは出られません。

一方で、地域の皆さんには気にかけていただき、一人やけど一人やない。何事も一生懸命に取り組むほど良くしていただけると実感。地域のつながりは心強いですね。

これから

昨年、オリーブやみかん等の栽培やオリーブ苗木販売などに取り組むフロンティアファームファクトリーを立ち上げ、汗を流す。また市内のオリーブ生産者の組織では、商品開発部長を任されている。

最近では、若手農業者5人が集まり、小規模ながらオリーブの栽培管理を任された。1人ではしんどいことも5人集まれば何とかなる。このメンバーで何か新しいことが生まれると信じている。

今春、イタリアに1ヶ月滞在し、オリーブ栽培の基礎を学んだ。この経験を活かして日本とイタリアの架け橋役になれたらいいなぁ。と夢を膨らませている。

黒木祥訓さん

サーファーが漁師に

サーファーの黒木さんは、京都市内に住んでいた頃、関西のあちこちにサーフィンに出かけ、京丹後市や舞鶴市へも足を運んでいたことから、宮津市のことも良く知っていたとのこと。

サーフィンをしながら目にした漁師は「面白そう」と感じていた黒木さん。漁師になる学校が始まるとの情報をつかみ、京都府や沿岸市町村、漁業団体などが運営する「漁業者育成校 海の民学舎」に、平成27年4月に入舎。1期生として漁師の基礎をみっちり学んだ。

現住地へは海に導かれました

海の民学舎は、2年目から実際に漁をされている方の指導で実習の段階へ移る。

黒木さんは、延縄漁の師匠がいる養老地区を選んだ。そこで1年半の間、順に3人の師匠から延縄漁をはじめとする匠の技術を学んだ。「京のブランド産品“丹後ぐじ”をはじめ、年間通じていろんな魚が獲れ、楽しい。今では、食べられないサメなどを加工し、ペットフードを作っています。少量の製造ですが、犬仲間に好評で」と顔をほころばせる。

移住後の本音

「人間関係は色濃いですね。仕事でも、暮らしでも、親身になってくれる人が多く、ありがたい。この間は、使わなくなった漁具をいらんかって声掛けてもらったり」と地域の様子をうれしそうに話す。

移住前と移住後で何かイメージが変わったことは、と問いかけると、「なんも変わりません。思ってたとおりです。でも自治会費が高いのはビックリしたなぁ。それと消防団の訓練が朝の早い漁師には厳しい」と本音を漏らす。

現在は、移住後に結婚された奥さんとお子さんの3人暮らし。奥さんも養老地区を、そして漁師を理解した上でこの地に来られたものの、出産時の病院通いと大き目のスーパーが少し遠いと話されています。

当たり前の喜びを身に感じ

これからの事を聞くと「溶け込んで地の人になる。普通に、漁業で生活できれば幸せなのかぁ」といたって冷静。

海のよさを「魚が釣れる喜び。太陽が昇る美しさ。自然の恵みを体で感じられる」と話される。一瞬、“当たり前”のこととして受け止めたが、その当たり前がこの地にあるのだと改めて認識した。

「近いうちにサーフィンを再開します」と、丹後の海を満喫する黒木さんだ。

松尾吉高さん・益美さん

移住のルーツは週末農学校

サラリーマンだった私は、55歳過ぎに第二の人生を考え始めました。いわば終の棲家を探そうと。

まずは、宇治市に研修農場がある社会人週末農学校Small Farmers Collegeへ通いました。私はその1期生。今はちょっとした有名人ですかね。

現在18期生が学ぶ農学校とは、いまだご縁があり「人生の楽園ツアー」と銘打って農学生を日置へ招き、自らの暮らしを体験いただいています。

移住先は海があり農業ができる場所

次は、移住先の選定。実家がある京都市から程よくアクセスでき、釣りができて、農業ができて。和歌山方面や、日本海側だと小浜から丹後まで探したところ、海が一望できる空き地を見つけ、近くに耕作放棄地があったのがここ日置でした。

まずは畑の開墾と野菜作り。当時、東京勤務で週末に京都へ戻り、そのまま日置へ直行。こんなスタイルを4年続けましたが、さすがに日帰りは大変で。近くの賃貸マンションを借りましたけど。

あいさつは魔法のツール

積極的なあいさつは、仲良しになる大切な方法。畑にいるおばあちゃんたちから地域の情報もたくさんいただき、納得して移住を決めました。そして家を建てたのが5年前。

海があり魚釣りができる。魚がうまい。アクセスがちょうど良い。変な表現ですが、高速道路が混まない、菜園を行う耕作放棄地がたくさんある、という環境はありがたいです。妻は、農業をすると聞いてたけど、こんなに?と驚いています。

愛する地域のために

歳を重ねた今は、自身の生活を安定させるのはもちろんですが、自己実現でなく、愛する地域への社会貢献がしたいと考えるようになりました。そこにはまったのがオリーブ栽培です。高齢者でも栽培でき、耕作放棄地といった課題が解決できるのではと。地域のみなさんと、愛する地域のためにがんばります。

入山 圭吾さん

移住7年目。2015年に伊根町へ移住

伊根町内の水産会社で漁師をしつつ、シーカヤックのガイドや、釣りのガイド等観光体験プログラムのスタッフとしても活躍

①日本国内に数ある「町」の中で、なぜ伊根町へ移住しようと思われたのでしょうか?具体的なきっかけなどはありますか?

・現在勤務している水産会社の代表の方とは、移住前に1度面識があり、その後水産庁の漁業就業希望者向けのイベントに行った際、その方と偶然再会したのがきっかけでした。
・漁師になりたくて、そのイベントに行き、本当に偶然が重なったことがきっかけになり伊根町で漁師になりました。

②移住してみて良かった点は何でしょうか?

・最初はコンビニも近所に無く不便だなと思っていましたが、車があれば問題ないです。地域の方はみなさん良い人達ばかりで慣れたら住みやすいです。

③移住してみて(移住当時)、困っている点、不安な点は何でしょうか?

・不安なことは特にありませんでした。車があればどこへでも行けるし、「何とかなるな」と思いました。

④移住する前と現在とで、ご自身の中で伊根町に対してイメージが変わった、認識が変わった点などはありますか?

・小さなコミュニティですが、個性豊かな人達が暮らしていて面白いです。
・地区毎の結束力が強いことには驚きました。祭や地区対抗の運動会はみんな真剣です!

【移住者へアドバイス】

・自分が住む地区と仕事の事前リサーチは大事です。たくさんの人から話しを聞いて情報を得て、自分の目で確かめることで、移住後のギャップが少なく、心の準備ができると思います。

川村 厚志さん

移住して13年程。農業

水菜、伏見とうがらし、ビーツ等を生産

①日本国内に数ある「町」の中で、なぜ伊根町へ移住しようと思われたのでしょうか?具体的なきっかけなどはありますか?

・農業をしたいと思い、13年ほど前に移住してきた。
・イベント(筒川そばまつり)に参加したのがきっかけです。
・筒川地区に8年ほど住んで、本庄地区に引越しました。
13年前当時は、農業は人気が無く、補助も手薄だったので苦労しましたが、

②移住してみて良かった点は何でしょうか?

・海と山が身近にあること
・食べ物がおいしいこと
・農業の先輩が居て、色々教えてもらえたこと
・今はネット環境があれば、買い物もできるし、SNSで繋がりが持てて様々な仕事のチャンスに繋がる。広い視野を持てばいくらでも夢は広がります。

③移住してみて(移住当時)、困っている点、不安な点は何でしょうか?

・積雪や風雨などの自然災害ですね。移住当時に体験した積雪量には驚きました。
・あとは、親戚や知り合い等が身の回りに居ないことに不安がありましたね

④移住する前と現在とで、ご自身の中で伊根町に対してイメージが変わった、認識が変わった点などはありますか?

・移住当時は「陸の孤島」かと思う程、田舎だなと感じていましたが、近年は観光の人や車や自転車も行き交って賑やかになってきました。10年以上過ごすと環境も変わるんだなと思います。移住当時は、「田舎に移住」というと珍しく思われていましたが、近年では移住者も増えてそうでもなくなりました。でも、地域の行事や集まりには積極的に自分で足を運ぶことが大切だと思います。

【移住者へアドバイス】

諦めずにまずは3年、3年経ったら5年、10年…と初めに立てた目標を忘れずに初志貫徹してください。
農業は厳しいですが、アイデアをどれだけ持っているか、作物を作るだけではなく加工をしてみたり、時には他のレジャーを楽しんだり、「生活」を楽しまないとしんどくなりますよ。
また、同じ業種の繋がりだけでなく、異業種の方と関わりを持つと、思わぬビジネスチャンスや交流が生まれます。

渡邊 荘太郎さん

2年間の研修後、2015年に就農。

季節に応じた旬の野菜を生産。

①日本国内に数ある「町」の中で、なぜ伊根町へ移住しようと思われたのでしょうか?具体的なきっかけなどはありますか?

・伊根町を選んだのは伝統的な祭があり、地域の人々との繋がりが持てる「日本らしい暮らし」ができると思ったからです。
農業の専門学校時代に伊根町に来て養鶏等を経験し、その後漁業組合へ就職しました。
漁業組合が解散してしまいましたが、食に関わる仕事をと思い就農しました。

②移住してみて良かった点は何でしょうか?

・事業が成功して初めて良かったと思えるんじゃないでしょうか。まだまだこれからです。
・田んぼの草刈や、地域の総仕事、ハウスの雪下ろし・・・大変だけど、助け合う地域というところも良いと思います。
・子どもがいるおかげで地域の方が気軽に声をかけてくれて馴染み易かったです。自然とふれあい、その辺の草花を摘んで気楽に遊ばせられることですかね。(東京だと採って良い花と「そうでない花」がシビアなので気を遣います!笑)

③移住してみて(移住当時)、困っている点、不安な点は何でしょうか?

・農業の難しさに不安がありました。
・子育てしながらの農業は大変ですね。時には子どもを背負いながら作業をしていました。また、私たちが体調を崩したりしたとき、実家が遠いため、なかなか頼れないことでしょうかね。

④移住する前と現在とで、ご自身の中で伊根町に対してイメージが変わった、認識が変わった点などはありますか?

・住む地域にもよると思いますが、「田舎」と言えばかなりフレンドリーなイメージでしたが、実際は地域の方とは程よい距離感でお付き合いができています。
・コンビニも無く、お店も早く閉まる、この不便さが逆に心地よいです。選択肢が少ないから諦めがつき、我慢精神が鍛えられたというか・・・(笑)
・東京に住んでいたからこそ分かる、伊根町での気楽さが心地よい

【移住者へアドバイス】

・人付き合いが増えるが率先して参加することが大切です。人が集まる場に足を運ぶと、色んな情報を得るチャンスを掴めますよ。
・子育て世代の方には住みやすいと思います。

岡本 逸平さん

伊根町に暮らし初めて約10年

本庄地区で、ほうれん草、水菜、かぶ等を生産する農家さん。実践農場の研修を経て就農

①日本国内に数ある「町」の中で、なぜ伊根町へ移住しようと思われたのでしょうか?具体的なきっかけなどはありますか?

妻の実家が伊根町で度々訪れており、田舎暮らしがしてみたいと思いました。
前職は花の卸業をしていて、その流れもあり「植物に関わる農業を」と思い、始めました。

②移住してみて良かった点は何でしょうか?

都会では体験できない、四季の移り変わりをダイレクトに感じることができます。
お米、作物、魚介類、とにかく食べ物が美味しいのも魅力です。

③移住してみて(移住当時)、困っている点、不安な点は何でしょうか?

農業という仕事に将来的な不安は、移住当時も現在も多少ありますが、
地元の方が温かく迎え入れてくれて、行事(祭)や集まりにも抵抗無く参加させてもらっています。

④移住する前と現在とで、ご自身の中で伊根町に対してイメージが変わった、認識が変わった点などはありますか?

妻の実家が伊根町なので、移住前後で特にギャップはありません。

【移住者へアドバイス】

農業は冬場の収入は不安になりますが、私は猟友会に入り冬季は狩猟を楽しんでいます。伊根町は海と山が同時に体験できる町です。

夏苅 昌朗さん

移住7年目。専業で延縄漁師をしながら、3年ほど前からは遊漁船(釣り船)の経営も。

①日本国内に数ある「町」の中で、なぜ伊根町へ移住しようと思われたのでしょうか?具体的なきっかけなどはありますか?

・「伊根町を選んだ」と言うより、始めに「漁師になりたい」と思い、インターネットで検索をしていて、たまたま見つけた漁師さんのブログが伊根町の方だったのがきっかけです。それまで伊根町のことは知りませんでした。

②移住してみて良かった点は何でしょうか?

・地域の方が温かく受入れてくれたことです。
・地区の行事や祭などは必ず参加しています。

③移住してみて(移住当時)、困っている点、不安な点は何でしょうか?

・移住当時は、地域の方とうまく打ち解けられるか不安でしたが、同年代の方も数名居られて仲良くしていただいています。
・お店や病院は少し遠いですが、車があれば問題ないです。

④移住する前と現在とで、ご自身の中で伊根町に対してイメージが変わった、認識が変わった点などはありますか?

・ある程度想定していましたが、思っていた以上に人との関わりが深いです。移住者は注目度が高く、地域の方に良くも悪くも見守られています。人それぞれ色々な思いを持っておられますし、全ての団体の活動に参加していたら大変なので、ある程度割り切ってお付き合いすることも必要だと思います。

【移住者へアドバイス】

・逃げ道を作らず、覚悟を持って来てください。
・プライドやこだわりに捕われず、生活するために柔軟性を持って仕事のスタイルを確立することが大事だと思います。「漁師のみ」と1本にしぼる必要は無くて、季節によって波のある仕事なので、他のことにチャレンジするのも良いと思います。

竹熊 幸弘さん、万由佳さん

2015年に家族で伊根町へ移住

夫:幸弘さんは奄美大島出身、妻:万由佳さんは近隣の与謝野町出身

幸弘さんは水産会社の勤務を経て、今年の4月から独立し、延縄漁の漁師に。

①日本国内に数ある「町」の中で、なぜ伊根町へ移住しようと思われたのでしょうか?具体的なきっかけなどはありますか?

・最初は近隣の町で住まいを探していましたが、職場は伊根町だったので、雪道の通勤に慣れていないため、伊根町に住むことを決めました。あとは伊根町で働いていた知人から「伊根町は子育て世帯に手厚い」ということを聞いて、それもきっかけになりました。

②移住してみて良かった点は何でしょうか?

・海が近いこと
・子育て環境に関しては、保育園や小学校では少人数なので1人ひとりをしっかり見てもらえるのと、金銭的にも助かっています。
・あとは人と人との距離が近いこと。ママ友達とも仲良くなって、「ママ友」という感じ以上に親しくしていただいて、子ども達もまるで兄弟のように育っています。
・地域の行事は、最初は「行かなくちゃいけない」と使命感を持って参加していましたが、みなさん気軽に誘ってくださり、だんだん馴染んできたかなと思っています。

③移住してみて(移住当時)、困っている点、不安な点は何でしょうか?

・地域のコミュニティに入っていけるのか、馴染んでいけるのか不安でした。
今は、楽しく参加しています。

④移住する前と現在とで、ご自身の中で伊根町に対してイメージが変わった、認識が変わった点などはありますか?

・元々伊根町を知らなかったわけではないので、そこまで大きなギャップは感じませんでした。

【移住者へアドバイス】

・最初は「馴染めなかったらそれでも良いかな」と思っていましたが、せっかく伊根町に住んでいるんだし「思い切って飛び込んでみよう!地域に馴染もう!仲良くしたい!」という気持ちを持っていると自然と行動が伴ってきました。そういった気持ちを持つことが大事かなと思います。
・あとは、地域の方のお話しにしっかり耳を傾ける。
・とにかく元気に挨拶をしていたら、色々と上手くいくと思います!

二ノ倉 芳樹さん

2年間の研修を経て、2005年に就農。現在は、水菜を中心に生産を行っている。

①日本国内に数ある「町」の中で、なぜ伊根町へ移住しようと思われたのでしょうか?具体的なきっかけなどはありますか?

・元々妻の親戚が伊根町の本庄宇治区にいて、夏は海水浴に訪れていました。
最初に「農業をしたい」と思い、それから移住する町を色々検討しましたが、伊根町の本庄は元々住んでいた神戸のように山と海を兼ね備えた地域。そんな似た環境に居心地の良さを感じたのかもしれません。

②移住してみて良かった点は何でしょうか?

・実践農場(農業の研修)でお世話になった先輩農家さんや、地域の方々が温かく迎え入れてくださったことでしょうかね。
・あとは食べ物が美味しいこと、バケツを持って漁港まで魚を買いに行くのには驚きましたね(笑)
・自然にふれあえる子どもの遊びが豊富なこと(海水浴、ザリガニ・カブトムシ捕り、雪遊びなど)、子育てするにはおすすめの環境です。

③移住してみて(移住当時)、困っている点、不安な点は何でしょうか?

・すまいの確保に苦労しました。移住当時、空き家はあっても「仏壇が残っている」「親戚が帰省する」などさまざまな事情があり、なかなか見つからなかった。今は、そういった問題を解消するためのノウハウもあって良くなったようですね。
・買い物するお店や病院が遠いことは不安に思いました。
・移住当時、子どもの教育に不安があったけど、今は「伊根町の学校で良かった!」と思います。少人数だからこそ、1人ひとりをしっかり見てくれるし、学校行事やPTAの活動を通じて、保護者同士も仲良くなりました。

④移住する前と現在とで、ご自身の中で伊根町に対してイメージが変わった、認識が変わった点などはありますか?

・神戸に住んでいるときは、想像もつかなかった雪かきの大変さですね。
・移住したころは、秋から冬にかけてのうらにし(京都府北部周辺特有の気象)による不安定な天気には、気持ちが滅入りましたね。閉鎖的な気持ちになるときもあって、そんなときはドライブで少し街へ出て気分転換をしましたが、数年経てば慣れました。
そういった環境に慣れたのも、この地域の人の温かさのおかげかもしれません。人間関係が良好だと、その土地の環境も受入れることができるのかもしれませんね。

【移住者へアドバイス】

・地域のつきあいは大切です。かといって全部を合わせると疲れてしまうし、移住者だからこその視点も大事にしてください。ほど良いバランスを保ってお付き合いすることをおすすめします。

空き家データベース 京都府北部の空き家情報
京都府北部地図 伊根町 京丹後市 宮津市 与謝野町 舞鶴市 福知山市 綾部市