京都府北部 新職業図鑑 “創職”先進地域・京都府北部で出会う、新しい働き方

京都府北部・京丹後市

空き家再生を通じて人を繋ぐ。若き建築家の熱い思い。

吉岡 大
京丹後市
ものづくり
クリエイティブ
コミュニティ

地域外の人たちを京丹後へ呼び込む、そんな仕掛けを考えるのが楽しいんです。

京丹後市にある暮らしのリノベーション会社「blueto」。若干31歳の若きオーナー吉岡大さんは、都市での進学、就職を経て故郷へと戻ってきたUターン移住者です。
「建築関係の学校へ進学して、卒業後は設計事務所に就職したのですが、会社で机に向かってマンションの図面を描くだけの日々に疲れてしまって。地元に戻ったほうが自分のやりたいことができるかも?と思い、丹後に戻ることにしました」
帰郷後はまず地元の工務店へ転職。そこで様々な経験を積む傍ら、現在のビジネスにも繋がる空き家活用事業にも着手。古い空き家を人が住める状態に改修し、Iターン移住者の受け皿として活用した「桃山ノイエ」など、いくつかの物件を手がけます。

「空き家のリノベーションきっかけに丹後へ移住してくれる人が現れたり、完成した物件の見学やイベントのために府外から沢山の人が足を運んでくれたり。家を拠点にたくさんの新しいコミュニティが広がっていくのを見て、人と人を結ぶ事業って面白いなと感じるようになりました」
2016年に自身の会社「blueto」を設立。空き家活用事業のほか、空き家を持つ人と事業を立ち上げたい人のマッチングサービスなども行っています。


オフィスを構える網野町は、丹後ちりめんの産地として栄えたエリア。当時の建物が今も残り、風情ある町並みが楽しめます。事務所も築約100年の古民家を吉岡さんの手でセルフリノベーションしたそう。

2017年からはドローンで撮影した映像を通して地域の魅力を発信する「blueto cast」もスタート。丹後の自然やイベントなどを紹介する動画の制作など、地域に人を呼び込むための様々な活動を行っています。

「ドローンで撮影した丹後の風景を地元の方に見てもらうとみなさん『丹後ってこんなきれいだったんだね』と驚かれるんです。ずっと中にいると見えないものも、僕のような人間が入ることで再発見できる。埋もれている地域の魅力を発掘、提案するのも僕の仕事だなと思っています」

様々な角度から丹後の魅力を発信。地域外の人たちを街に呼び込みたい。そんな思いからスタートした「blueto」の様々な事業。

「自分がやりたいと思い描いていたことに、自由に取り組むことができるようになったのが起業してよかったところ。まだまだやってみたい構想がたくさんあるんです」と吉岡さん。空き家を通じた地域と人とのコミュニケーションの場が、これからもますます広がっていきそうです。


ドローンで撮影した映像を通して地域の魅力を発信する「blueto cast」も、吉岡さんが手がける事業のひとつ。「丹後の魅力を発信して地域外の人たちに単語に興味を持ってもらいたい。それが街への移住や空き家の活用に繋がれば、なお良しです」

PROFILE

吉岡 大(よしおか だい) さん

京丹後市丹後町間人(たいざ)で生まれ育ち、18歳で神戸の専門学校へ。卒業後は大阪の建設設計会社へ就職し設計業務に携わる。2009年に帰郷し地元の建築会社で設計・現場監督・企画等に携わる中、空き家のリノベーション(桃山ノイエ・島津ノテラス・浅茂川オフィス再生)を手掛ける。2016年〜暮らしのリノベーションを専門にするbluetoを設立。

INFORMATION

blueto(ブルート)

久美浜町の古民家を改装し、京丹後市初のシェアハウス「甲山ノイエ」としてオープンするなど、個人宅から商業施設まで、様々な物件のリノベーションを請け負う。ドローンで撮影した映像を通して地域の魅力を発信する「blueto cast」も展開。

場所場所:京都府京丹後市弥栄町内
URLhttp://blueto.jp

合わせて読みたい